Web of Lies

2013年07月新刊チェック

今月も欲しい本が多すぎて怖い

タイトル 著者など 出版社など 重要度
03 光るキノコと夜の森 西野嘉憲 岩波書店
04 瑠璃玉の耳輪 津原泰水 河出文庫
04 NOVA 10 編・大森望 河出文庫
04 ナボコフのロシア文学講義(上) ナボコフ 河出文庫
04 ナボコフのロシア文学講義(下) ナボコフ 河出文庫
04 ぼくのともだち エマニュエル・ボーヴ 白水uブックス
05 書くことについて スティーブン・キング 小学館文庫
05 知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境 編・村田純一 東京大学出版会
09 目撃証言 ヘヴィ・メタルの肖像 伊藤政則 学研
10 柄谷行人蓮實重彦全対話 柄谷行人 蓮實重彦 講談社文芸文庫
10 数とは何かそして何であるべきか リヒャルト・デデキント ちくま学芸文庫
10 哲学ファンタジー パズル・パラドックス・ロジック レイモンド・スマリヤン ちくま学芸文庫
12 琴浦さん 琴浦春香のこころえにっき さかき傘 KTC文庫
16 大日本サムライガール6 至道流星 星海社FICTIONS
16 スーサイドクラッチ 魔術師スカンクシリーズ3 江波光則 星海社FICTIONS
17 鏡花随筆集 編・吉田昌志 岩波文庫
17 黄金の驢馬 アープレーイユス 岩波文庫
18 王子降臨 手代木正太郎 ガガガ文庫
18 人形遣い 賽目和七 ガガガ文庫
18 脳と機械をつないでみたら 櫻井芳雄 岩波書店
20 時を生きる種族 ファンタスティック時間SF傑作選 編・中村融 創元SF文庫
20 神焔のカグラ2 ―青き炎と呪言の魔女― 箕崎准 一迅社文庫
20 冴えない彼女の育てかた(4) 丸戸史明 富士見ファンタジア
24 クラーケン(上) チャイナ・ミエヴィル ハヤカワ文庫SF
24 クラーケン(下) チャイナ・ミエヴィル ハヤカワ文庫SF
24 インターネットを生命化する プロクロニズムの思想と実践 ドミニク・チェン 青土社
24 数理を愉しむ 隠れていた宇宙(上) ブライアン・グリーン ハヤカワ文庫NF
24 数理を愉しむ 隠れていた宇宙(下) ブライアン・グリーン ハヤカワ文庫NF
24 スワロウテイル/初夜の果実を接ぐもの 籐真千歳 ハヤカワ文庫JA
24 リビジョン 法条遥 ハヤカワ文庫JA
24 パンツァークラウン フェイセズ 3 吉上亮 ハヤカワ文庫JA
24 サイファーパンク インターネットの自由と未来 ジュリアン・アサンジ 他 青土社
25 わたしたちの体は寄生虫を欲している ロブ・ダン 飛鳥新社 ×
25 美少女宇宙人とふしぎ道具回収のはずが肌色展開すぎてヤバイ1 遠野渚 OVL文庫
29 ヴァンパイア・サマータイム 石川博品 ファミ通文庫
31 大地のゲーム 綿矢りさ 新潮社
31 マグノリアの眠り エヴァ・バロンスキー 岩波書店
未定 かつて描かれたことのない境地 残雪 平凡社
未定 市に虎声あらん フィリップ・K・ディック 平凡社
未定 マグナ・グラエキア グスタフ・ルネ・ホッケ 平凡社
未定 (復刊)大伽藍-神秘と崇厳の聖堂讃歌 J・K・ユイスマンス 平凡社ライブラリー
未定 (復刊)ペドロ・パラモ ファン・ルルフォ 岩波文庫

エロゲの本文フォント

現存している主要なメーカーについては最低1本はチェックしておく予定ですが、私が買ってる本数もそこまで多くはないので基本体験版でチェックできる範囲で。あと抜きゲー中心のメーカーはだいたい組み込みフォントなさそうな気がするので、基本スルー。

フォント選択は×なら不可、△なら組み込みされてる一部フォントからのみ、○ならPCに入っているのからも選べるという感じで。フォント選択が不可で組み込みフォントも無い場合は、デフォルトで何のフォントが使われているかも記しておきます。また、体験版でのみ確認したものは製品版で変わっていることもあり得るので、備考に追記。

続きを読む…